My Self_Learnの入塾はこちらMy Self_Learnのオンラインサロンはこちら

【勉強よくない諸刃の剣!?】受験勉強にオススメする蛍光ペンの活用方法についてまとめてみた

受験勉強 蛍光ペン大学受験のノートの作り方

受験勉強の諸刃の剣になる蛍光ペン

多くの受験生は蛍光ペンを持っており、活用している人も多いと思います。

蛍光ペンで線を引くことで、記憶をつかさどる脳の海馬と前頭前野に刺激を与えて、

記憶効果を高めることができます。

しかし、蛍光ペンは勉強している感を出すドーピングのような道具です。

蛍光ペンは勉強したような錯覚に陥る可能性が高いです。

よくあるのが、蛍光ペンでアンダーラインを引きすぎて、

何が大事なのか思い出せないというケースです。

蛍光ペンは使い方一つで効率的にも非効率的にもなります。

蛍光ペンのオススメの活用方法

蛍光ペンのオススメの活用方法
  1. マーキングは最小限にとどめる
  2. 1色に絞る方法
  3. 色分けする方法
  4. 間違ったところにマークする
  5. ToDoを消す
要チェック!!

 

マーキングは最小限にとどめる

蛍光ペンのマーキングの使用は最低限に留めましょう。

本当に大切なポイントだけにマークすることが大切です。

蛍光ペンのマークばかりのテキストを見ると本当に大切な事項がわからなくなります。

マークは少なければ少ないほど重要性が強調されます。

必要性を考えた最小限のマーキングが蛍光ペンの使用を効果的にするでしょう。

1色に絞る

蛍光ペンを多用しすぎると本当に重要な箇所がわからなくなります。

ですので蛍光ペンな1色に統一して、太い方と細い方を分けて線を引くのもオススメです。

多くの受験生はキーワード方式と呼ばれる単語にのみ線を引く方法を活用していますが、

もちろんこれでも良いのですが復習の際に

どういう意味なのか?とかどうして重要なのか?などの内容を思い出しにくくなります。

ですので蛍光ペンはキーセンテンス方式を活用しましょう。

キーセンテンス方式はマーキングした箇所だけを読めば文章の全体像を掴める方法です。

蛍光ペンの太文字や細文字両方を活用して、

  • 単語は太ペン
  • 文章は細ペン

にすると、より重要な語句が引き立ってキーセンテンス方式のマーキングができます。

ルールを決めて色分けする

一色ではなく他の種類の色も使いたい人もいます。

しかし、蛍光ペンはただマークすればよいわけではないです。

それではカラフルな教科書になるだけです。

ですので、複数の色を使う場合はしっかりと色分けのルールを決めましょう。

色分けルール
  1. 赤色:目立たせたい所などにワンポイント
  2. 青色 暗記させたい部分のマークにおすすめ
  3. 黄色:重要な言葉や文章に使う
要チェック!!

赤色は神経を興奮させる効果がある色です。

赤色は暗記したいブブのマークには不向きです。

赤色を多用すると落ち着きがなくなり集中録画落ちます。

ですので、赤色は目立たせたいところにワンポイントで使いましょう。

青色は集中力を高めてリラックスさせる効果があります。

ですので青色は暗記させたい部分にマークするのがオススメです。

黄色は注意を促す色です。黄色でマークしたところは注目しやすくなるので、

重要な言葉や文章に使うのが効果的です。

ただし、多用しすぎると気が分散するので多用は避けましょう。

間違ったところにマークする

普通問題などを間違えれば、赤ペンなどでバツをしたりしますが、

この時に蛍光ペンで塗りましょう。すると蛍光ペン間違えた問題が目立ちます。

これによってスムーズに復習しでき解き直すことができます。

ToDoを消す

勉強は長期的にモチベーションが必要です。

そのため集中力ややる気を維持するために蛍光ペンを活用します。

ToDoリストを作成したらその項目が完了した蛍光ペンで消す。

たったこれだけです。

まとめ

今回は蛍光ペンの活用法についてご紹介しました。

すべての活用方法に共通しているのは蛍光ペンを次の勉強へと繋げるということです。

ただ蛍光ペンで重要なところにラインを引くことが勉強ではないです。

そのラインを引いた後に次の勉強へと繋げることが大切です。

この記事を書いた人
Hiroto

愛媛県の松山市で、大学を受験する受験生のために

大学受験塾のMy Self_Learnを運営しているHirotoです。

多くの受験生を難関大学への合格へと導いています。

このブログでは、多くの受験生を指導してきた私が、

受験する学生に共通する受験に関する悩みや問題点を

わかりやすく解決します。

【Hirotoの経歴】

教え子の人数:累計100人
実務年数:10年
合格率:100%

【合格実績】

-国公立-
・筑波大学理系
・広島大学工学部
・岡山大学工学部
・徳島大学薬学部薬学科
・名古屋市立大学
・電気通信大学
・愛媛大学理学部化学科

-私立大学-
・慶応義塾大学薬学部薬学科
・青山学院大学経営学部
・東京理科大学薬学部
・関西大学工学部
・中央大学
・南山大学
・慶応SFC

【入塾した生徒の実績】
・高1の12月に学年順位220位→2か月後の模試で学年50位以内(数学)
・高3の夏の模試で20点→センター試験本番88点(化学)
・高校認定試験合格後1年で東京理科大学薬学部合格(偏差値65)
・指導から3か月程度でマーク模試(英語)9割

Hirotoをフォローする
公式ラインに登録して大学の受験の悩みを無料で相談

もしあなたが

・勉強しているけれど、なかなか結果がでない…。
・勉強したいけれど、何からやればいいか分からない…。
・近くに良い塾や予備校がない…。
・近くに頼れる先生がいない…。

という受験勉強に悩んでいるなら、

My Self_Learnの公式LINEで受験のサポートをしています。

しかも、今なら公式LINEに登録するだけで、

•外部模試の出題予想(定期的)
•学習相談1時間無料(遠方の方はzoom)
•志望大学の傾向と対策

というプレゼントが無料で貰えます。

My Self_Learnに入塾希望を迷っている方などもOKです。

オンラインで対応するので、

全国どこからでも受けることができます!

手続きも非常に簡単で、

公式LINEアカウントを追加するたったこれだけです。

はっきり言って登録しない理由がありません!

少しでも受験の悩みがある人は

今すぐLINEで相談してください!

大学受験のノートの作り方
Hirotoをフォローする
My Self_Learnオフィシャルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました