My Self_Learnの入塾はこちらMy Self_Learnのオンラインサロンはこちら

山本崇雄氏が提唱する主体的な学習が自然と身につく『魔法のノート』についてわかりやすく説明してみた

魔法のノート 山本崇雄氏大学受験のノートの作り方

魔法のノート

魔法のノートとは、東京都立武蔵高等学校・附属中学校の英語教諭である

山本崇雄氏が提唱する主体的な学習が自然と身につくノートの取り方になります。

この魔法のノートは学習における自分の課題を提起して、

その答えを導くまでの道のりを的確にまとめることで、

主体的に問題解決力を身につけることができます。

魔法のノートの作り方

魔法のノートは4つのステップによって作られています。

魔法のノートの作り方
  1. My Question
  2. Story Mapping
  3. Summary
  4. My Opinion
要チェック!!

この4つのステップによって学習における自分の課題を提起して、

その答えを導くまでの道のりを的確にまとめて、

主体的な問題解決を身につけることができます。

My Question

My Questionは自分が疑問に思った問を一つもしくは複数書き出します。

最初は空欄で学ぶ過程で出てきた問を書きます。

その問に答えを考えながら学習を進めていき、自分ありの答えを考えていきます。

また学ぶ家庭で新たな質問が出てきたら質問を増やします。

Story Mapping

Story Mappingは学んでわかったことを絵や図にしてまとめます。

絵が下手でも大丈夫です。自分有りにわかったことを得にしたり、

関連するキーワードなどを矢印で結んだりしていきましょう。

Summary

Summaryでは学んだことを要約していきます。

My Opinion

My Opinionは自分で立てたMy Questionへの答えを書いていきます。

自分で調べて自分なりに根拠を持って書いていくことが重要になります。

まとめ

魔法のノートは自分の勉強の気づきや考えをベースにしており、

より主体的に学習を進めることができます。

主体的な勉強で学んだことは記憶にも定着しやすいので、

魔法のノートをぜひ活用してみてください。

この記事を書いた人
Hiroto

愛媛県の松山市で、大学を受験する受験生のために

大学受験塾のMy Self_Learnを運営しているHirotoです。

多くの受験生を難関大学への合格へと導いています。

このブログでは、多くの受験生を指導してきた私が、

受験する学生に共通する受験に関する悩みや問題点を

わかりやすく解決します。

【Hirotoの経歴】

教え子の人数:累計100人
実務年数:10年
合格率:100%

【合格実績】

-国公立-
・筑波大学理系
・広島大学工学部
・岡山大学工学部
・徳島大学薬学部薬学科
・名古屋市立大学
・電気通信大学
・愛媛大学理学部化学科

-私立大学-
・慶応義塾大学薬学部薬学科
・青山学院大学経営学部
・東京理科大学薬学部
・関西大学工学部
・中央大学
・南山大学
・慶応SFC

【入塾した生徒の実績】
・高1の12月に学年順位220位→2か月後の模試で学年50位以内(数学)
・高3の夏の模試で20点→センター試験本番88点(化学)
・高校認定試験合格後1年で東京理科大学薬学部合格(偏差値65)
・指導から3か月程度でマーク模試(英語)9割

Hirotoをフォローする
公式ラインに登録して大学の受験の悩みを無料で相談

もしあなたが

・勉強しているけれど、なかなか結果がでない…。
・勉強したいけれど、何からやればいいか分からない…。
・近くに良い塾や予備校がない…。
・近くに頼れる先生がいない…。

という受験勉強に悩んでいるなら、

My Self_Learnの公式LINEで受験のサポートをしています。

しかも、今なら公式LINEに登録するだけで、

•外部模試の出題予想(定期的)
•学習相談1時間無料(遠方の方はzoom)
•志望大学の傾向と対策

というプレゼントが無料で貰えます。

My Self_Learnに入塾希望を迷っている方などもOKです。

オンラインで対応するので、

全国どこからでも受けることができます!

手続きも非常に簡単で、

公式LINEアカウントを追加するたったこれだけです。

はっきり言って登録しない理由がありません!

少しでも受験の悩みがある人は

今すぐLINEで相談してください!

大学受験のノートの作り方
Hirotoをフォローする
My Self_Learnオフィシャルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました