My Self_Learnの入塾はこちらMy Self_Learnのオンラインサロンはこちら

【記憶するための勉強法として最強】試験のために使える記憶にするトレーニング!!1分間ライティングについてわかりやすく説明してみた

1分間ライティング大学受験の暗記法

1分間ライティングとは

1分間ライティングとは、書くという行為を活かした手法です。

書くということは頭の中を見える化します。

脳は覚えたことをどんどん思い出さないと忘れてしまうので、

覚えていることを書き出して情報を見える化させます。

記憶には使える記憶と使えない記憶があります。

勉強して覚えたのにすぐに出てこないというのは使えない記憶です。

試験やテストなどでは何かが問われた時に、

付随する情報がすぐに出てこないと意味がないです。

覚えた情報を使える状態に記憶していることが受験には重要になります。

1分間ライティングは、思い出しながら書き出すという作業なので想起練習に当たります。

試験なども思い出しながら答えるので

1分間ライティングは本番の試験に使えるトレーニングとして効果的です。

一分間ライティングのやり方

一分間ライティングのやり方
  1. 紙と筆記用具を準備し、書き出す内容を決める
  2. タイマーを1分でセット
  3. タイマーが鳴るまでに、関連した記憶をひたすら書き出す
  4. 話し言葉ではなく文章として書き出す
要チェック!!

一分間ライティングはとてもシンプルです。

タイマーが鳴ってから思い出したことがあっても書き加えるのは辞めましょう。

一分間で思い出せなかったものは記憶の定着率が悪いです。

一分間ライティングの真骨頂は、覚えが悪いところをあぶり出しできる点です。

手を止めずに一分間書き続けることができたら、

その内容はかなり理解度が深いということです。

それに関する重要な要素をかけていなければ、そこを重点的に復習しましょう。

まとめ

一分間ライティングは自分の記憶の理解度チェックとして活用することができます。

テスト前などで一分間ライティングをして、

自分の記憶の理解度を確認することで、

自分が理解している要素と理解していない要素を判断することができます。

暗記に困っている受験生は一分間ライティングを活用してみてください。

この記事を書いた人
Hiroto

愛媛県の松山市で、大学を受験する受験生のために

大学受験塾のMy Self_Learnを運営しているHirotoです。

多くの受験生を難関大学への合格へと導いています。

このブログでは、多くの受験生を指導してきた私が、

受験する学生に共通する受験に関する悩みや問題点を

わかりやすく解決します。

【Hirotoの経歴】

教え子の人数:累計100人
実務年数:10年
合格率:100%

【合格実績】

-国公立-
・筑波大学理系
・広島大学工学部
・岡山大学工学部
・徳島大学薬学部薬学科
・名古屋市立大学
・電気通信大学
・愛媛大学理学部化学科

-私立大学-
・慶応義塾大学薬学部薬学科
・青山学院大学経営学部
・東京理科大学薬学部
・関西大学工学部
・中央大学
・南山大学
・慶応SFC

【入塾した生徒の実績】
・高1の12月に学年順位220位→2か月後の模試で学年50位以内(数学)
・高3の夏の模試で20点→センター試験本番88点(化学)
・高校認定試験合格後1年で東京理科大学薬学部合格(偏差値65)
・指導から3か月程度でマーク模試(英語)9割

Hirotoをフォローする
公式ラインに登録して大学の受験の悩みを無料で相談

もしあなたが

・勉強しているけれど、なかなか結果がでない…。
・勉強したいけれど、何からやればいいか分からない…。
・近くに良い塾や予備校がない…。
・近くに頼れる先生がいない…。

という受験勉強に悩んでいるなら、

My Self_Learnの公式LINEで受験のサポートをしています。

しかも、今なら公式LINEに登録するだけで、

•外部模試の出題予想(定期的)
•学習相談1時間無料(遠方の方はzoom)
•志望大学の傾向と対策

というプレゼントが無料で貰えます。

My Self_Learnに入塾希望を迷っている方などもOKです。

オンラインで対応するので、

全国どこからでも受けることができます!

手続きも非常に簡単で、

公式LINEアカウントを追加するたったこれだけです。

はっきり言って登録しない理由がありません!

少しでも受験の悩みがある人は

今すぐLINEで相談してください!

大学受験の暗記法
Hirotoをフォローする
My Self_Learnオフィシャルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました